主な取り組みについて

冠動脈バイパス術

人工心肺非使用・心拍動下バイパス術(Off-PUMP CABG)

従来は冠動脈バイパスは人工心肺を使用して、心臓を停止して行っていましたが、2000年頃から人工心肺を使用せず、心臓を拍動させたまま吻合を行うOff-Pump CABGが行われるようになってきました。この方法では人工心肺を使用することなく、心停止も行わないため、患者さんの負担が少なくなる利点があります。当科ではいち早く、本法を取り入れ、現在までに1000名以上の患者様にこの手術を施行してきました。我々の検討ではOff-Pump CABGにより手術死亡、合併症率の低下が見られ良好な成績が得られることが分かっています。

小切開冠動脈バイパス術(MICS CABG)

通常の多枝バイパス術では、胸部正中に約25cmの皮膚切開を加え、さらに胸骨を縦切開して心臓に到達します。これに対し、左前下降枝(LAD)へ一カ所だけバイパスすればよい症例には、左前胸壁に約5cmの皮膚切開を加えるだけで左内胸動脈(LITA)をLADに吻合することが可能です。この方法では、美容上も優れているだけでなく、手術侵襲も少なくなります。多枝病変を持つ全身状態不良症例でも本法とPCIを組み合わせることにより、治療の安全性と効果を高めることが可能です。

動脈グラフトの使用

我々は、最も開存率が良好であるとされる有茎の内胸動脈を、80%以上のバイパス症例において左右とも使用しています(両側内胸動脈使用)。また、超音波メスを用いたskeletonization法(伴走する2本の静脈を温存し、動脈のみを採取する方法)によって、通常よりも長い内胸動脈を採取できるため、現在では左冠動脈のほぼ全領域の血行再建をこの有茎の両側内胸動脈だけで行うことができています。さらに、静脈よりも長期開存性に優れていると考えられている右胃大網動脈も積極的に使用しています。

左心室形成術(ELIET法)

重篤な心筋梗塞により左心室の筋肉の動きが部分的に失われてしまう事があります。そのような部分を手術により切除縫合する(左心室形成術)ことにより、心臓の動きをより生理的な状態に回復する事が出来ます。当科での独自の方法 ELIET (Endocardial linear infarct exclusion technique)法を用いて、良好な成績を収めています。また、陳旧性心筋梗塞による機能的僧帽弁閉鎖不全症に対しては、乳頭筋吊り上げ法等を弁輪形成術に弊施して、より耐久性の高い形成術を行っています。

心臓弁膜症手術

僧帽弁形成術

僧帽弁閉鎖不全症に対しては僧帽弁形成術を第一選択として手術を行っています。僧帽弁形成術は自己組織を温存できるため、人工弁置換術よりも優れた長期成績を得ることが出来るとされています。弁の切除縫合、人工腱索を使用した再建、自己心膜を使用した再建、弁輪形成リング、バンドの使用等を組み合わせて形成を行います。また、単に閉鎖不全を改善するだけでなく、機能的により優れた弁に形成できるよう取り組んでおります。可能な症例には右開胸小切開での低侵襲手術を取り入れています。

僧帽弁置換術

僧帽弁形成術が困難な症例では僧帽弁置換術を行っています。生体弁と機械弁がありますが、それぞれの特徴を考慮し、症例ごとに弁を選択しています。

大動脈弁置換術

大動脈弁狭窄症の治療に関しては、循環器内科との合同カンファレンスを経て、方針を決定しております。人工心肺を使用した開胸での大動脈弁置換術の他、ハイリスク症例には経カテーテル大動脈弁置換術を選択しています。
大動脈弁閉鎖不全症に対しては自己弁温存大動脈基部置換術等をはじめとした弁形成術を可能な限り行っています。

TOPへ