主な取り組みについて

胸部大血管疾患

従来の開胸手術に加えてステントグラフト内挿術を取り入れ(担当:岡克彦 koka@koto.kpu-m.ac.jp)、それぞれの治療の長所・短所を十分に考慮した上で柔軟に治療法を選択するように心掛けています。
開胸手術の良い点は根治性が高い点にあります。瘤が切除され人工血管再建されますので一旦手術が行われてしまえば以降の懸念が少ないという所が長所かと思います。一方で開胸、開腹を必要とし手術そのもののリスクや合併症率を良く考慮しなければいけません。その点ステントグラフト内挿術は開胸、開腹を必要とせず、低侵襲に治療が可能です。しかし、瘤は残存しますのでその後のフォローアップはしっかりしなければいけません。これらの長所短所を考えて治療選択しております。
弓部大動脈瘤に対しては中等度低体温循環停止+順行性脳灌流法を使用して大動脈弓部全置換術を行っており、低い死亡率、合併症率を達成しています。上行大動脈―弓部―下行大動脈に至るような広範な病変に対しても、開胸法を工夫し一期的に治療する事も可能になっています。
急性大動脈解離に対してはエントリー部分を切除する事を治療目的とし、積極的に弓部大動脈全置換術を行っています。適応を考慮し上行大動脈置換術のみを行う事もあります。急性大動脈解離は全身に影響が及ぶ疾患であり、合併症を早期に発見し迅速に対応する事が非常に重要であると考えています。
胸腹部大動脈瘤に対しては人工心肺を使用し、運動誘発電位をモニターし対麻痺の発生予防に努めています。積極的に肋間動脈再建を行っています。

腹部大動脈疾患

腹部大動脈瘤に対する手術は標準的な術式をとっていますが、これに関しては生命予後を論ずる時代ではないので出来るだけ根治性の高い治療を目指しています。極端なハイリスク例を除き、中枢側は腎動脈ぎりぎりまでラッピングを行い、末梢側も瘤が完全に切除できる手術を原則として動脈硬化性の真性動脈瘤に対してはYグラフト置換のみで、ストレートグラフト置換は行いません。
現在、多くの症例でステントグラフト内挿術が可能となっています。大動脈の蛇行の高度な症例や、瘤の拡大が高度な場合、高齢者、等でも治療可能な場合が多く、ご相談いただければと思います。

閉塞性動脈硬化症

閉塞性疾患の血行再建では出来るだけ解剖学的再建に努めています。血栓内膜摘除術と人工血管をコンポジットグラフトして組み合わせた変法を活用して自己血管組織を温存し、股関節部の屈曲制限回避や鼠径部感染症への抵抗性を増すための手技を試みています。
更に下肢末梢の疾患についても自家静脈グラフトを用いた遠位膝窩~分枝バイパス手術を行っていますが、出来る限り侵襲を減らすために広範囲の手術を一気に行うことは避ける様にしています。現実には中枢側から順に治療していくことによりかなりの満足度が得られるからです。

大静脈疾患

その他、横隔膜下の血管手術としては他科(消化器外科・泌尿器科・産婦人科など)との合同手術がありますが、これらの中では腎原発の下大静脈内腫瘍塞栓に対する人工心肺装置を用いた手術が大きなものとなります。年齢・リスク・腫瘍の進展・予想される予後など個々の症例について泌尿器科と充分な討議の上、一人一人に合わせた補助手段の選択により手術死亡症例はありません。

研究

基礎的研究としては再生医療技術を用いた超小口径人工血管の開発を複数の他施設と共同で行っています。

TOPへ