心臓血管外科業績集

平成24年

Ⅰ 著書

1) 夜久 均、土井 潔.

IX うっ血性心不全. 7. 左室縮小形成術.
循環器疾患 最新の治療2012-2013、pp. 300-305、堀 正二、永井良三編.
東京:南江堂,2012年3月.
2) 夜久 均、土井 潔.

非薬物治療戦略決定のKnack & Pitfalls. 3.a.虚血性心疾患を原疾患とする急性心不全.
Pp. 27-33心不全外科治療の要点と盲点. 髙本眞一監、許 俊鋭編.
東京:文光堂,2012年11月.
3) 大川和成、夜久 均.

2章 冠動脈疾患の病態・術式・管理のポイント 
ハートナーシング 2012年春季増刊(通巻332号).
大阪:メディカ出版,140-143,2012年4月20日発行 
4) 大川和成、夜久 均.
【もう一度おさらいしよう 胸壁ドレーンのしくみと管理・観察】 胸壁ドレーンの基礎知識.
ハートナーシング 2012年第25巻10号(通巻338号).
大阪:メディカ出版,1050-1054,2012年10月1日発行 

Ⅱ 総説

1) 夜久 均、白石裕一、棟近麻衣、増田有希、福嶋秀記、山端志保、長谷 斉.
インターベンション医・心臓外科医と心臓リハビリとの協調 当院における冠動脈バイパス術後リハビリテーションの取り組みと今後の課題.
日本心臓リハビリテーション学会誌.
心臓リハビリテーション(JJCR) 17(1): 41-44,2012 Feb.
2) 土井 潔、夜久 均.
【合併症を有する胸部外科手術】 心臓血管領域 低心機能合併例に対する心臓血管手術.
胸部外科 65(3):611-614,2012 Jul.
3) 夜久 均.
【“文化と文明”そしてとらえた“日本の循環器内科と心臓血管外科の共同作業”】 理想的なHeart Teamとは.
日本冠疾患学会雑誌 18(2):141-146,2012 Jul.
4) 夜久 均、土井 潔、大川和成.
【心筋虚血と心不全】 虚血性僧帽弁逆流に対する外科治療 適応・時期・方法・今後の展開.
日本冠疾患学会雑誌 18(3):253-264,2012 Oct.
5) 夜久 均、大川和成、土井 潔.
虚血性心筋症:非移植治療の可能性.
冠疾患誌2012;18:74-82.
6) 夜久 均.
理想的なHeart Teamとは.
冠疾患誌2012;18:141-146
7) 夜久 均、土井 潔、大川和成.
冠疾患誌2012;18:253-264
8) 夜久 均.
虚血性心筋症に対する外科治療.
討論1.胸部外科2012;65:94-95

Ⅲ 原著

1) Minakata K,Bando K,Takanashi S,Konishi H,Miyamoto Y,Ueshima K,Sato T,Ueda Y,Okita Y,
Masuda I,Okabayashi H, Yaku H ,Yasuno S, Muranaka H,Kasahara M,Miyata S,Okamura Y,Nasu M,Tanemoto K,Arinaga K,Hisashi Y,Sakata R;JMAP Study Investigstors.
Impact of diabetes mellitus on outcomes in Japanese patients undergoing coronary artery bypass grafting.
Journal of Cardiology.vol.59 Issu 3:275-284,2012 May.
2) 土井 潔、夜久 均.
低心機能合併例に対する心臓外科手術.
特集:合併症を有する胸部外科手術.
胸部外科 第65巻第8号:611-614(2012年7月増刊号),2012年7月.
3) Numata S, Tsutsumi Y, Monta O, Yamazaki S, Seo H, Sugita R, Yoshida S, Ohashi H.
Aortic arch repair with antegrade selective cerebral perfusion using mild to moderate hypothermia of more than 28°C.
The Annals of Thoracic Surgery 2012; 91:90-96.
4) Numata S, Tsutsumi Y, Ohashi H.
Evaluation of stuck mechanical valve with four-dimensional computed tomography.
European Journal of Cardiothoracic Surgery 2012; 42:594.
5) Numata S, Tsutsumi Y, Ohashi H.
Aortic arch surgery with a mild-to-moderate circulatory arrest: the significance of aortic arch pathology.
European Journal of Cardiothoracic Surgery 2012; 42:602.

TOPへ